〜空を舞う鷹・・気流という力に身を委ね、ふわりと揺らぐその動きには、しなやかさとはり、そして、華やぎがある。豊かな雰囲気をかもしだしながら凛としている、そんな姿に生き方を見る。〜
※写真は全て本人の許可を得て掲載しております。
 
TOTAL:  TD:  YD: 
シラフを生きる

9月も半ばに差し掛かりますが


まだまだ暑さが続きますね。


今回のブログは平山が担当させていただきます。



9月4日〜7日にワンネスの数名の仲間達と


JRCNA(Japan Regional Convention Narcotics Anonymous)


という自助グループの集まりに


行ってきました。コンベンションとも言います。


栃木県宇都宮市の宇都宮市文化会館で行われました。



奈良からこまめに休憩をとりながら


約10時間かけて栃木まで移動しました。



北海道から沖縄まで全国各地から仲間が集まり、


海外の仲間も数名来てくれていました。


前夜祭ではDJイベントがあったり


次の日はバンドライブがありました。


私自身過去にバンド経験があり


今回このバンドライブに出たのですが


今まで自分の感情を薬物やお酒で


ごまかしてきたのでシラフだとこんなに


緊張を感じるんだなと改めて思い知りました。

でも、シラフでその状況を


楽しむ事ができて良かったです。


普段のデイケアでの生活から離れ


みんな修学旅行気分のようでした。


宿泊先が宇都宮から少し離れた日光市だったので


朝早く起きて仲間と日光東照宮の周りを


散策したりもしました。



コンベンションでは各地方の仲間との交流


体験談、メッセージ、NAの歴史


そこには感動がたくさんありました。


それぞれの生き辛さを抱えた人達が


前向きに生きていく姿は希望に満ちています。


印象的だったのが、海外のNAメンバーの話でした。


生まれた国や人種や性別が違っても


依存症で苦しんでいる根っこの部分は


一緒なんだなと思いました。



私自身NAのコンベンションに参加するのが


今回で3回目となります。


参加する度に来て良かったと思えるし力をもらえる。


回復に対するモチベーションも上がります。


薬物を止める、自分自身と向き合うのは


楽なものではありませんが


それに共感できて同じ道を歩んでくれる


仲間が支えになっています。



『シラフで生きるってイイな』

って純粋にそう思えました。


来年の開催地は京都、私の地元でもあるので


是非参加したいと思っています。


また、少しでも多くの依存症で苦しんでいる人達が


繋がってきてくれる事を願います。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【2019.09.11 Wednesday 17:09】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
仰げば尊し

みなさんこんにちは(^^)

ガーデンブログのお時間がやってまいりました!!!
9月に入り、日が暮れるのも少し早くなりました。
寝苦しかった夜も、涼しげな風が入るようになりました。
秋の訪れを感じる今日この頃です(^_-)-☆
そんな卒業式とはあまり関係ない季節ではありますが
先日デイケアで正スタッフになり仲間が卒業を迎えました。
僕と施設に繋がった時期が4日程しか違いがなく
年齢は違えど同期の仲間になるのですが。
今までの卒業式の中で一番温かい気持ちになった様に感じます。
この3年と少しの間で家族の様に支え合い
僕の背中を何度も押してくれました。
お仕事を通じてもより一層関わりが持てた様に感じています。
いつも、卒業式に立ち会うと
おめでたい門出なのにセンチメンタルな気分になります。
けれど、今回はその気持ちがなかったのですが
新しい事に気が付けた様に思います。
僕は今まで誰かといる事ことが本当は苦手だ
と、思っていました。けれど今回の卒業式は
居なくならない事が前提なのでその気持ちにならなかったのです。
今まで気が付かなかったのですが
僕は誰かと本当は居たいと思っている
という事に気が付いたのです。
けれど、生き方が不器用だから恥ずかしさもあり
裏腹に生きてきたんだなと感じました。
もちろん生き方が不器用なので
誰かと居たり、一緒に物事をしたりするのは
今でもとっても苦手なのですが
今はそんな自分も嫌いじゃないです(^_-)-☆
過去はそんな自分は愛される資格がないと
思い込んでいましたが
今ではこんなに愛してくれる仲間が居る
そんなことに気が付けました。。。
その事に気付かせてくれた仲間に感謝を込めて、、、、、。
ありがとう
【2019.09.04 Wednesday 14:20】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
素敵なオジ様

皆さんこんにちは(^^)


GARDENブログのお時間です\(^o^)/

 


いや〜、しかしほんと暑いですね💦


熱中症には皆さん気を付けて下さいね!


とはいえ、気を付けていても熱中症は


かかってしまうので厄介ですよね(T_T)


しっかりと塩分補給をして


この猛暑を乗り切りましょう!!

 


と、熱中症で始まりましたが


このブログを書いていて


フッと『子供の頃』を振り返ろう


と思いまして筆を…


もといスマホを取ります(笑)

 


子供の頃は四季折々がはっきりと分かれていて


自然の力を目の当たりにする事も沢山あり


そこから知識や危険予知なども


学んでいったように思います。

 


奈良の五重塔付近に少し大きな


(と言っても子供の頃の私にはですが)


猿沢池という池があります。


3〜4歳の私は夕方にそこに遊びに行きました。


実家の焼肉店から300m程だったと思います。


季節は冬。(その頃はまだ奈良でも雪が積り、電気毛布がなければ寝れませんでした。)


猿沢池には一面の氷が張っていたのです。


氷の奥には亀が泳いでいるのが見えました。


僕は『亀が息が出来ないのではないか』と


思って氷を割ろうと手を伸ばしました。

 


しかしそのまま真冬の氷が張った池に落ちてしまったのです。


全身が裂けるような寒さを感じもがきました。(深さは1メートル程でしたが)


その時たまたま散歩に来ていたオジさんがステッキを使い僕の服に引っ掛けて


助けてくれました。(ダンディに見えたのはステッキのお陰かな?)


その出来事がなければもしかしたら


僕の命はなかったのかもしれません。

 

 

それからその方とお会いした事は


一度もなくて、今すごく会いたくて


感謝の言葉を贈りたい気持ちです。

 


あの日、命を落としていたなら


僕は34歳まで生きることはなかったと思います。

 

勿論、依存症にもならなかったとは思いますが


依存症という病気を抱えながら


それでも『今を生きている』それが、僕の全てです。

 

 

8/14に誕生日を迎えられて


以前は祝われる事なんてなかったです。


そんな僕が、祝われながら今を幸せに生きています。

 

助けてくれてありがとう。。。

 

【2019.08.21 Wednesday 15:52】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |