〜空を舞う鷹・・気流という力に身を委ね、ふわりと揺らぐその動きには、しなやかさとはり、そして、華やぎがある。豊かな雰囲気をかもしだしながら凛としている、そんな姿に生き方を見る。〜
※写真は全て本人の許可を得て掲載しております。
 
TOTAL:  TD:  YD: 
<< ハウスの乱れは心の乱れ!!! | main | 実録!!密着ドッグケア!! >>
密着!!実録ハウスキーパー!!!

 

どうも!!皆さんこんにちは!!(^O^)/

 

最近お腹が出過ぎて服がピチピチしてきた大橋です!!

 

桜も咲き始めお花見に向けて心も踊る季節となり

 

朝から凍える事もなく、顔も心なしか明るくなった様に思います(^_-)-☆

 

 

さて、今週のガーデンブログでは!!

 

「密着!!実録ハウスキーパー」

 

をお送りさせて頂きたいと思います\(◎o◎)/!

 

 

現在ガーデンでは、5つの基本的な役割というものがあります。

 

・ハウスキーパー

・ドッグケアプログラム

・プレジャー

・自転車部

・TC班(セラピューティックコミュニティ)

 

TC班を除きクライアントさんは各役割を見学し

 

一月程で、自分に合った役割に就くことになります。

 

そこで皆さんにも普段どの様に役割を行っているのか

 

お届けしたいと思い、今週から5週に亘り

 

各役割を紹介させて頂きたいと思っております。

 

 

さて、記念すべき第1回目は「ハウスキーパー」でございます。

 

 

ハウスキーパーでは主な役割として

 

・掃除表と食事当番表

・自助ミーティング参加表

・明日の病院、散髪の受付

・日用品の買い出し

・パン、牛乳の発注

・お米の精米

 

が、あります。その他にもイレギュラーな事にも対応していく役割なのです。

 

 

では、実際にどの様に作業しているのか覗いてみましょう!!!

 

ガーデンでは朝の9:00から掃除が始まり

 

9:20から「朝会」が行われます。

 

この「朝会」ではクライアントさんが全員集まり

 

・掃除のフィードバック

・明日の病院と散髪の受付

・自助ミーティングの参加表

・イレギュラーの要件

 

を聞いています。

 

 

「掃除のフィードバック」では、掃除中に気付いた事を

 

報告してより良い環境にしていくために

 

そして新しい仲間が混乱してしまわない様に、様々な事が周知されています。

 

 

「明日の病院、散髪の受付」は、クライアントさんに

 

医療券の発行や、保険書の有無、金額、散髪費の出金を聞きそれを

 

スタッフに手渡し翌日の病院や散髪の段取りを組む為のものです。

 

クライアントさんスタッフが連携を取る事で

 

社会人として報連相を身に付けながら小さな事でも

 

最後まで責任感を持ち、物事をやり切ることを目指しています!!

 

 

「自助ミーティングの参加表」でもクライアントさんと

 

スタッフが連携を取り配車表を作成しています。

 

 

「イレギュラーの要件」では、例えば

 

椅子が壊れた、ポットが点かない、PCの調子が悪い

 

といった事をスタッフに報告をして改善する事もしています。

 

 

 

この4点は毎日「朝会」で行われます。それでは前記しました

 

「掃除表と食事当番表」「日用品買い出し」「パン、牛乳発注」「お米の精米」

 

はどの様に行われているのでしょうか?

 

 

「掃除表と食事当番表」は月に1回で交代し

 

仲間同士がより関わり合いを持てるようにデザインされ

 

ハウスキーパーが割り当てを決めています。

 

 

「日用品の買い出し」は毎週火曜日に

 

各ハウスの生活用品をホームセンターやスーパー、100円均一に行き

 

日用品シートを見ながら買い出しをします。

 

 

「パン、牛乳発注」は毎週水曜日と金曜日に

 

各ハウスの日用品係の人から数量を聞き発注元へファックスを送ります。

 

 

「お米の精米」は米蔵を確認し、なんと毎回180キロ分の

 

お米を近場にある精米機まで行き精米しています!!!

 

 

ハウスキーパーの役割は私も経験しましたが

 

とても責任が伴う作業が多くあります。

 

明確に正確に的確に物事を行わなければ

 

病院が行ける日にお金が用意されていなかったり

(当日の出金で対応しています。)

 

別のハウスの商品が紛れ込んでしまっていたり

 

土日にパンや牛乳が足りなかったり

 

と、様々なことが起こってくるのです。

 

正に責任のオンパレードです(笑)

 

 

もちろん人間ですので、皆さん間違えも当然あります。

 

人が関わる作業と感情は良く似ていると私は思います。

 

作業をしていて何かミスがあると

 

「どうしてこの様な結果が起きたのだろう」と考える事があるとおもいます。

 

この「なぜミスが起きたのか」をみんなで話し合うという事は

 

プログラムにおける再発防止のプロセスにとても似ているのです。

 

自分の感情にフタをして生きてきた私達は

 

なぜこんな結果になったのかさえ分からない事が大半でした。

 

その内容をふり返り仲間とシェアリングする事で

 

アディクションからの渇望に気付き再使用を止めることが出来るのです。

 

 

日頃から役割などで仲間と関わる事で関係を深め

 

いざとなると心の深い所まで一緒に感情の海へ潜ってくれる関係。

 

共に感情の旅に付き合ってくれる仲間がいれば孤独に

 

怯える事もなく回復の道を歩けるのだと私は思います。

 

 

日頃の生活の中、デイケアの美化に努め

 

全体の事を気に掛けながら仲間に愛をくれる

 

ハウスキーパーの面々に心からの感謝と敬意を込めて。。。

 

God  bless  you

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2018.03.22 Thursday 17:08】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kamitaka.garden-ag.org/trackback/1197
トラックバック