〜空を舞う鷹・・気流という力に身を委ね、ふわりと揺らぐその動きには、しなやかさとはり、そして、華やぎがある。豊かな雰囲気をかもしだしながら凛としている、そんな姿に生き方を見る。〜
※写真は全て本人の許可を得て掲載しております。
 
TOTAL:  TD:  YD: 
<< 素敵なオジ様 | main | シラフを生きる >>
仰げば尊し

みなさんこんにちは(^^)

ガーデンブログのお時間がやってまいりました!!!
9月に入り、日が暮れるのも少し早くなりました。
寝苦しかった夜も、涼しげな風が入るようになりました。
秋の訪れを感じる今日この頃です(^_-)-☆
そんな卒業式とはあまり関係ない季節ではありますが
先日デイケアで正スタッフになり仲間が卒業を迎えました。
僕と施設に繋がった時期が4日程しか違いがなく
年齢は違えど同期の仲間になるのですが。
今までの卒業式の中で一番温かい気持ちになった様に感じます。
この3年と少しの間で家族の様に支え合い
僕の背中を何度も押してくれました。
お仕事を通じてもより一層関わりが持てた様に感じています。
いつも、卒業式に立ち会うと
おめでたい門出なのにセンチメンタルな気分になります。
けれど、今回はその気持ちがなかったのですが
新しい事に気が付けた様に思います。
僕は今まで誰かといる事ことが本当は苦手だ
と、思っていました。けれど今回の卒業式は
居なくならない事が前提なのでその気持ちにならなかったのです。
今まで気が付かなかったのですが
僕は誰かと本当は居たいと思っている
という事に気が付いたのです。
けれど、生き方が不器用だから恥ずかしさもあり
裏腹に生きてきたんだなと感じました。
もちろん生き方が不器用なので
誰かと居たり、一緒に物事をしたりするのは
今でもとっても苦手なのですが
今はそんな自分も嫌いじゃないです(^_-)-☆
過去はそんな自分は愛される資格がないと
思い込んでいましたが
今ではこんなに愛してくれる仲間が居る
そんなことに気が付けました。。。
その事に気付かせてくれた仲間に感謝を込めて、、、、、。
ありがとう
【2019.09.04 Wednesday 14:20】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kamitaka.garden-ag.org/trackback/1256
トラックバック