〜空を舞う鷹・・気流という力に身を委ね、ふわりと揺らぐその動きには、しなやかさとはり、そして、華やぎがある。豊かな雰囲気をかもしだしながら凛としている、そんな姿に生き方を見る。〜
※写真は全て本人の許可を得て掲載しております。
 
TOTAL:  TD:  YD: 
<< 努力、努力、努力です。 | main | 心の暖房器具 >>
信じる者。

ハイサイ〜(こんにちは)

先月からGARDENブログ係としてブログを綴られて頂いております、ポテトです!

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

世間ではコロナウイルスが騒がれておりますが、施設では集団生活ということもあり、デイケア、ハウスでは手洗い、うがい、消毒、マスク着用などなど予防対策を徹底しており、私も細心の注意を払って生活しています((+_+))

 

コロナウイルスの影響で月一の有料プレジャー(プログラム)も自粛することとなり、少し寂しい思いをしておりますが、代わりに室内で仲間たちと映画鑑賞や卓球、将棋など娯楽を共に行い仲間たちとたくさんの感情を共有しています。

 

最近のプレジャーでは映画「ハクソーリッジ」を仲間たちと鑑賞しました〜

 

実はこの映画をリクエストしたのは私なのですが、、、ww

この映画は、私が回復につながる数年前、当時矯正施設から出所したばかりの私が弟たちと一緒に映画館で観た思い出の映画で、今の自分がこの作品を観て何を感じるのか知りたくてリクエストしました。

 

私は映画が好きで、よく弟や友達と一緒に観たり、シェアをしたりして様々な価値観や知識、世界を吸収し、影響されてきたのですが、当時は自分自身が依存症という病気に侵されているとは全く知らず、この病気の影響で自分の素直な心を感じることができなくなっていたことに気づきもしませんでした。

ですので、当時この作品を観た時も少し冷めたような冷ややかな自分がいて、なかなか主人公の気持ちを汲み取ることができませんでした。

現在は施設での生活やプログラム、NAそして何より仲間との関わり合いの中で自分を見つめ、自分の素直な心が何を感じているのか、それはどんな感情なのか、何を求めているのかを徐々に理解してきました。

あらためて本作品を観ると、当時感じもしなかったこと感じたり、理解できなかった主人公のことが今では少しわかるようになりました。

本作品は信仰心、信念、勇気を持つことの大切さを感じられる作品でした。

興味のある方は是非是非〜(^^)

 

上記のような変化を最近感じることがあり、回復施設につながれたことに感謝しています。

 

今までの私は信じる心、信仰心、信念が築き上げられることなく生きてきました。

今は回復のなかで信じる力を少しは持てているような気がします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました<m(__)m>

【2020.02.26 Wednesday 09:55】 author : GARDEN
| - | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする