〜空を舞う鷹・・気流という力に身を委ね、ふわりと揺らぐその動きには、しなやかさとはり、そして、華やぎがある。豊かな雰囲気をかもしだしながら凛としている、そんな姿に生き方を見る。〜
※写真は全て本人の許可を得て掲載しております。
 
TOTAL:  TD:  YD: 
<< 新たな一歩 | main | ネガティブよりもポジティブに!! >>
「Fu〇kin’コロナ」 か 「Shanti(調和)」か なんだかんだしあわせか

ハイサイ、グスーヨー、チューガナビラ!(こんにちは皆様、ご機嫌いかがですか。

冒頭からうちなーぐち(沖縄弁)ですみません。GARDEN Blog係のポテトです($・・)/~

世の中ではコロナウイルス、コロナ対策、コロナ、コロナコロナ、、、、と騒がれていますが、

我らワンネスグループもコロナウイルス、コロナ対策、コロナ、コロナコロナ、、、、と自粛ムードなってきました((+_+))

先月のブログでも綴らせていただいたコロナ対策にプラスして、施設の入り口に手洗い場を設置したり、

外出規制等、様々なことを徹底してみんなで気を付けていますよ〜

そんな中、先日320日の「ハピネスデー(国際幸福デー)」をワンネスグループ全体で祝い、ハッピーな一日を過ごしました!

「ハピネスデー(国際幸福デー)」?となる方もいらっしゃると思いますが、気になる方はぜひ下記のURLを参照していただければ幸いです(^^)/

https://oneness-g.com/happiness/

この日、全国各地のワンネスグループ施設で、クライアントとスタッフたちが幸福について様々なテーマで発表し、学びを深めていく特別プログラムを行いました~

我ら奈良GRADENはというと、ポジティブ心理学の創始者であるマーティン・セリグマン博士が提唱した、幸福な状態を構成する5つの要素「PERMA」の中から

MEANING/人生の意味、意義」を題材に「意図の力」というテーマでエキシビションタイムにプレゼンしました!(^^)!

僕自身、哲学や自己啓発など好きなタイプなのでこの壮大なテーマがすごく気に入ったのですが、取り組むにつれて迷想していき、頭がヒートしてましたw

ですが、仲間たちみんなで試行錯誤し、お互いの能力を出し合ってユニークかつパッションに溢れた奈良GARDENカラーmaxな発表ができました!

あらためて振り返っても準備期間から当日通してとてもエネルギーに満ちた有意義ないい時間でした(^^)/感謝

 

話はかわり、コロナfuckin’ウィルスの話題に〜w

上記でも触れましたが、施設ではコロナ対策として外出規制が先日から実施され、ただでさえ一般社会より自由の少ない施設生活ということもあり、

外出規制にネガティブな感覚を感じている仲間もいるようです(>_<)

僕はというと、自助ミーティングにいけないことで少し残念な気持ちはありますかね〜

ですが、先日施設で久しぶりにエンカウンターグループというプログラムを開いてもらえたお陰もあり、そこまでネガティブスパイラルに入らずに済んでいます。

具体的な内容はお伝えすることはできないのですが、おおまかに要約すると「何か行動を起こすときの人と環境との関わり・繋がり」関して感じることを仲間たちに紐解き、

整理してもらい、アドバイスをいただきました。

・そもそもその意図が何から生まれたのか知る。(不安なのか、愛情なのか)

・何か意図を持って行動を起こすときには必ず過程があり、過程を積み上げていくためには、目の前の些細な事から一つ一つ大切に取り組むこと。

上記を実践していくには仲間の力が今の僕には大きく必要で、仲間の力をかりるためには勇気と素直さが必要だということ。

少し話がそれましたが、まぁミーティングにいけないのは残念ですが、仲間と素直な、正直な関わり合いをたくさん通して、勇気をつけていくいい機会にしたいな〜って思っています。

じゃなくて、しますw

まずは一個ずつ、一つ一つ、One by one実践します〜(‘ω’)

 

最後になりますが、320日ハピネスデー(国際幸福デー)に幸福、Well-being、意図を持つことの大切さを学び、感じたことでポジティブな成長ができたし、

先日のエンカウンターグループでは、仲間たちとほっこりとした心温まる時間を過ごすことで勇気をもらい、僕の幸福への志はより一層強固なものになりました!

施設生活ですが、幸せですね〜

今月は、なんだかとても調子のいいことばっか綴りましたが、最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

アンシェー、マタヤーサイ!(‘’)ゞ(また今度~

この木はマッサンゲアナです。幸福の木と呼ばれています。
【2020.03.25 Wednesday 11:15】 author : GARDEN
| - | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする