〜空を舞う鷹・・気流という力に身を委ね、ふわりと揺らぐその動きには、しなやかさとはり、そして、華やぎがある。豊かな雰囲気をかもしだしながら凛としている、そんな姿に生き方を見る。〜
※写真は全て本人の許可を得て掲載しております。
 
TOTAL:  TD:  YD: 
<< 天気が良い日が続いています。 | main | 四年が経ちました!! >>
「Give Thanx ~1st Anniversary~」

ハイサイグスーヨーチューガナビラ(‘ω’)ノ(こんにちは、皆様ご機嫌いかが?)

Graden Blog係のポテトです。

早いもので今年も半分が過ぎていきますね〜( ゚Д゚)

奈良は徐々に気温が上がってきて半袖でも十分な感じになってきました〜

沖縄出身の僕なのですが、去年経験した奈良の暑さを思い返すとけだるい感じになってしまいますw

沖縄とはまた違ったボワッとした暑さが田んぼの湿気と交じり合って何とも言えない感覚に〜〜〜〜((+_+))

夏が好きな僕にとってはそのくらいは許容範囲内なの予定ですが、、、wまぁそれも含めてEnjoyします(^^

今月は本当に多くの大切な思い出ができました。

まずは、今回のタイトルになった「Give Thanx ~1st Anniversary~」なのですが、先日回復に繋がって一年の記念日を迎えたのでこのタイトルにしました。

僕は昨年の5月に沖縄の矯正施設を出所して直接奈良の施設に繋がりました。

当時は期待よりも不安の方が大きくて、「そもそも薬物なしの人生は味気なくてつまらないンじゃないのかな〜」とか、

「施設にいる間だけやめて、次は捕まらないように慎重に使っていけばいい」etc、、今思い返すと軽率で自分の素直な本心とは真逆な発想ばかりしていました。

また、希望と期待も少しだけ入り混じっていて、受刑中にいただいた施設スタッフからの手紙や面会に来てくれたスタッフから感じた「素直に生きている」パワーみたいなものに憧れる自分がいました。

奈良の施設生活が始まると、変化を恐れる自分(元の生活を求める自分)と変わりたい自分(シラフで素直に人生を感じる自分)とがいて、

その時折で都合よく無意識に切り替えて生活していました。

素直さも正直さも皆無のような立ち振る舞いを無意識にしている自分を今思い返すと哀れだな〜って思います。

ですが、当時の僕の最善の生き方がそのような生き方でしたので仕方ないですね(*_*;

初めのうちは先ゆく仲間(僕よりもクリーンの長い仲間)の素直でパワーのある目や雰囲気がとても力強くて、不正直な僕は後ろめたさや、疎外感を勝手に感じてしまい、

仲間と距離を置いていてのですが、そんな僕を仲間は見捨てることなく心を開いて素直に接してくれたおかげで僕もその力に影響されて次第に心を開いて素直に関われるようになりました。

仲間一人ひとりと心を開いて素直に仲間とつながっていくと自分の意志次第で建設的に他人と信頼関係を築いていくことが徐々にできるようになり、孤独な生き方は自分次第で変えていけるってことを実感しました。

また、今は過去を振り返るプログラムを通して自分がどんな生き方をしてきて、そんな生き方を求めていたのかを探求しています。

ここでのプログラム、生活は一年前の僕には想像もできなかった世界を僕に与えてくれました。

今の僕が在るのは上記の事を気づかせてくれた仲間や施設、家族や友人etc多くの方々と環境のおかげということを本当に感謝しています。

これからも過去の破壊的な生き方ではなく、一日、一瞬、ワンアクションを大切に積み上げていく生き方を継続していきます。

 

個人的な内容で申し訳ありません<(_ _)>

また今月は僕の憧れる仲間たちが続々と巣立っていきました。

少し悲しいですが、僕が彼らから学んだことを継続していくことで彼らは僕の中で生き続けるし、今度会った時には大きくなった僕で在ることが一番の恩返しではないかと思っています。

一年間多くの事があったけど、一年前の選択は間違っていなかったと胸を張って生きています!!

最後に、皆様に感謝を込めて「したたか、にふぇーでーびる!(^^)!」(とても、ありがとうございます。)

【2020.05.27 Wednesday 12:21】 author : GARDEN
| - | comments(1) | - | - | - |
この記事に関するコメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2020/06/15 8:49 PM |
コメントする