〜空を舞う鷹・・気流という力に身を委ね、ふわりと揺らぐその動きには、しなやかさとはり、そして、華やぎがある。豊かな雰囲気をかもしだしながら凛としている、そんな姿に生き方を見る。〜
※写真は全て本人の許可を得て掲載しております。
 
TOTAL:  TD:  YD: 
有料プレジャー

皆さんこんにちは\(^o^)/

GARDENブログのお時間です!!


涼しく快適な日々から一転

なんだかジメジメとした天気で

梅雨時の様な日が続いていますね💦

奈良は盆地ということで

ゲリラ的な豪雨が降るので

いつも傘を持たないのでやられています(笑)


さてさて本日は

イオンモールとしゃぶ葉

へ有料プレジャーへ行ってきました!

新しい仲間と一緒に行動を共にして

ウインドウショッピングを楽しみました。

雑貨屋では新しい仲間の趣味を

知る事が出来たり何気ない

会話が楽しく意外な一面を

垣間見る事が出来ました(^^)

過去はウインドウショッピングを行う事も

面倒臭さからどんどん行わなくなり

引き籠る生活が続いたり

洋服も同じ物を何年もの間使い

ゴムが伸びたものをずっと

使い続けていた事を思い出しました。

そんな事を共感しながら笑い合える毎日は

本当に今だから幸せだと感じます(^^)


その後はしゃぶ葉に行き

しゃぶしゃぶを堪能しました(*´﹃`*)

60分間の戦争です(笑)

食べ放題で損をしたくない気持ち

わかって頂けるでしょうか?(笑)

しゃぶしゃぶなのにお肉を

入れ過ぎて鍋になるあの凄まじい光景を(汗)

仲間との会話を楽しみながら

焼き肉としゃぶしゃぶどっちがいい?

と話していたのですが

圧倒的にしゃぶしゃぶでした!!

理由は「焼けるのが待てない」(笑)

改めて皆で「せっかちだよねぇ〜」と

笑い合いました(^^)


家族で食事に出掛けることが出来なくて

過去は寂しい思いをしていた事を

今も思い出しますが

新しい家族との団欒は僕の

心の支えだと思いました(^^)


週末は家族に連絡して食事に行こうと思っています。。。

それではまたお会いしましょう\(^o^)/

 

【2019.10.02 Wednesday 10:33】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
~たとえ明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える~

~たとえ明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える~

 

“Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.”

 

僕は、施設につながった約8年前にワンネスグループ会長の

 

ブログにこの言葉が書かれているのを目にしました。

 

この言葉には色んな解釈があるかと思います。

 

 

当時の僕は、この言葉を見たときに

 

「自分の命が明日終わるかもしれない時に何をするだろうか。」

 

と思い、その答えは8年たった今もふと考えることがあります。

 

大切な人と過ごしたい。大切な想いを伝えたい。

 

おもいっきり楽しく過ごしたい。みんなで幸せな時間を。

 

このことを考えているときに、僕の人生の中から薬を使って・・・

 

という考えから離れていることに気づきます。

 

 

生きていると色んなことが起こります。

 

辛い別れ、痛み、苦しみ、悲しみや

 

出来れば感じたくないような出来事が起きたりもします。

 

僕はその時に選んだ人生は薬を使うことでした。

 

でも、その人生で起きる出来事を麻痺させ

 

感じずに生きていくことは果たして自分にとって最善の人生なのか。

 

そんなことを自分に問いかける時、答えは違ってきます。

 

 

痛みを感じられなくなると、喜びもなくなりました。

 

僕は、自分の今までの人生から沢山学ぶことがありました。

 

逃げていた自分、やらなかった後悔、苦しみ、絶望。

 

でもそんな自分自身の良いところも悪いところも受け止めたい。

 

そう思ったとき、自分が本当はどう生きていきたいか。

 

という道を歩み始めることができました。

 

 

痛みがわかるから、人に寄り添うことができたり。

 

辛いことがわかるから、そっとそばにいることができたり。

 

恐さがわかるから、何かあっても支えられる場所で見守ることができたり。

 

僕はずっとそうやって支えてくれていた仲間がいたことが

 

目の前にいる人を通して知ることができたり。

 

色んなことがあったから、今こうして自分の心をこれを読んでくれている人と共有できたり。

 

ふと、自分がどれだけ幸せを感じられる時間が今ここに、日常の中にあることに気づかされます。

 

たとえ明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える

 

皆さんにとって、今日という残りの人生の最初の1日がどうか素敵な1日でありますように。

 

P.S写真は先週日曜日に海から上がった時の自分が幸せだなと思った時の写真です。

 

沢山感じて生きていきましょう。あなたの人生、あなたが主役です!

【2019.09.18 Wednesday 16:33】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
シラフを生きる

9月も半ばに差し掛かりますが


まだまだ暑さが続きますね。


今回のブログは平山が担当させていただきます。



9月4日〜7日にワンネスの数名の仲間達と


JRCNA(Japan Regional Convention Narcotics Anonymous)


という自助グループの集まりに


行ってきました。コンベンションとも言います。


栃木県宇都宮市の宇都宮市文化会館で行われました。



奈良からこまめに休憩をとりながら


約10時間かけて栃木まで移動しました。



北海道から沖縄まで全国各地から仲間が集まり、


海外の仲間も数名来てくれていました。


前夜祭ではDJイベントがあったり


次の日はバンドライブがありました。


私自身過去にバンド経験があり


今回このバンドライブに出たのですが


今まで自分の感情を薬物やお酒で


ごまかしてきたのでシラフだとこんなに


緊張を感じるんだなと改めて思い知りました。

でも、シラフでその状況を


楽しむ事ができて良かったです。


普段のデイケアでの生活から離れ


みんな修学旅行気分のようでした。


宿泊先が宇都宮から少し離れた日光市だったので


朝早く起きて仲間と日光東照宮の周りを


散策したりもしました。



コンベンションでは各地方の仲間との交流


体験談、メッセージ、NAの歴史


そこには感動がたくさんありました。


それぞれの生き辛さを抱えた人達が


前向きに生きていく姿は希望に満ちています。


印象的だったのが、海外のNAメンバーの話でした。


生まれた国や人種や性別が違っても


依存症で苦しんでいる根っこの部分は


一緒なんだなと思いました。



私自身NAのコンベンションに参加するのが


今回で3回目となります。


参加する度に来て良かったと思えるし力をもらえる。


回復に対するモチベーションも上がります。


薬物を止める、自分自身と向き合うのは


楽なものではありませんが


それに共感できて同じ道を歩んでくれる


仲間が支えになっています。



『シラフで生きるってイイな』

って純粋にそう思えました。


来年の開催地は京都、私の地元でもあるので


是非参加したいと思っています。


また、少しでも多くの依存症で苦しんでいる人達が


繋がってきてくれる事を願います。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【2019.09.11 Wednesday 17:09】 author : GARDEN
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |